本文へスキップします。

ここからが本文です。

下水道事業

下水道は、生活環境の改善や浸水被害の軽減など、日々の市民生活と社会経済活動を支える都市施設であるとともに、健全な水循環や清らかな水環境を創出します。

水再生プラザ総括管理事業

豊平川右岸に位置する厚別・東部・定山渓水再生プラザの、運転管理に関する監督・技術的指導、設備補修及び施設保全等の総括管理業務を当公社で行っています。

水再生プラザとは

札幌市は、下水処理場(終末処理場)の名称を平成19年から水再生プラザに改めました。水再生は汚れた水をよみがえらせる、プラザは敷地や屋上を公園やスポーツ施設として開放しており、地域の人が集まることなどから水再生プラザとしました。
水再生プラザは、下水管路で集められた下水を、河川などへの放流に適した水質にまで浄化する施設です。下水処理には、物理的処理、生物学的処理などがあり、これらの処理を組み合わせて、下水処理が行われています。

札幌市下水道資源公社マスコットキャラクター汚水博士「オッスィー」

厚別水再生プラザ

厚別水再生プラザは、昭和48年10月に運転が開始され、3度の増設がなされており、全域が分流式(※1)を採用しています。また雪対策施設としての大規模融雪槽(汚水調整池と兼ねる)が平成5年1月に完成しました。
※1…汚水と雨水を別々の管路系統で排除する方式。分流式は、汚水のみを処理場に導く方式であるため雨天時に汚水を公共用水域に放流することがないので、水質汚濁防止上有利である。

処理区域は、もみじ台、厚別副都心地域、清田、平岡など月寒川の東側地域を受け持っています。この処理区は今後汚水量の増加が見込まれています。

厚別水再生プラザの利用のイメージ

処理区域面積:4,443ha 処理能力:154,800m3/日 所在地:〒004-0069 厚別区厚別町山本645番地18 汚泥処理:東部スラッジセンターに圧送 放流先:野津幌川 環境基準類型:B 運転開始年月:昭和48年10月

定山渓水再生プラザ

「札幌の奥座敷」ともいわれる定山渓温泉街を処理区としており山間の温泉街という地形的制約から、処理区域面積は小さく、処理能力は小規模なものとなっています。行楽地の汚水を受け持つことから日曜・祝日、季節的には秋の紅葉・冬のスキー・雪まつりなどの時期に流入量が増える傾向が顕著です。
昭和45年に運転を開始していますが、この水再生プラザは温泉排水が多く流入水温が高いのが特徴で、この熱エネルギーを活用し場内のロードヒーティングなどに有効利用しています。

定山渓水再生プラザの利用のイメージ

処理区域面積:96ha 処理能力:14,000m3/日 所在地:〒061-2302 南区定山渓温泉東1丁目50番地 汚泥処理:スクリュープレス脱水(西部スラッジセンター内) 放流先:豊平川 環境基準類型:A 運転開始年月:昭和45年10月

東部水再生プラザ

東部水再生プラザは、白石区、豊平区、清田区、南区の一部の下水を処理するための水再生プラザです。第4次札幌市長期総合計画で推計された人口から、その流入下水量の増大に対応するため、札幌市で10番目の水再生プラザとして、平成17年度から供用を開始しました。

東部水再生プラザの利用のイメージ

処理区域面積:688ha 処理能力:40,000m3/日 所在地:〒003-0876 白石区東米里2172番地1 汚泥処理:東部スラッジセンターへ圧送 放流先:豊平川 環境基準類型:B 運転開始年月:平成17年4月

汚泥処理施設総括管理事業

札幌市内2ヶ所にある下水汚泥処理施設の運転管理に関する監督、技術的指導、設備補修及び施設保全等の総括管理を当公社で行っています。

汚泥処理の集中化

札幌市では、従来は各水再生プラザにて個別に汚泥処理を行っていましたが、効率化を図るため、現在では市内2カ所にあるスラッジセンターにおいて汚泥を集中処理しています。創成川・拓北・伏古川・茨戸・豊平川・厚別・東部・新川・手稲の各水再生プラザで発生した汚泥を地中の圧送管で東西のスラッジセンターに送り、一括して脱水・焼却しています。

汚泥処理の集中化の利用のイメージ

厚別洗浄センター

水再生プラザやポンプ場で集まるスクリーンかす(ごみ)を洗浄・分別する施設です。分別されたごみは東部スラッジセンターにて焼却されています。

厚別洗浄センターの利用のイメージ

所在地:〒004-0069 厚別区厚別町山本711番地1 汚泥処理:洗浄・選別+スクリュープレス脱水+破砕裁断

ページの先頭へ戻る スマートフォン専用メニューエリア2をスキップする。
スマートフォン専用メニューエリア2はここまで。