本文へスキップします。

ここからが本文です。

まさに縁の下の力持ち。
札幌のライフラインを地面の下から支え、
限りある資源の再利用をすすめています。

この度は、当公社の職員採用に関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。
当公社は札幌市の下水道と道路廃材から有効な資源を再利用するための施設監理が主な業務となり、市民や自治体の信頼に応えられるよう日々取り組んでいます。私たちと一緒に、環境に配慮した安全安心なまちづくりに積極的に貢献していきませんか。

先輩の声

多様な仕事内容に日々奮闘しています。

総務課 2014年4月入社
事務職員

事務は「黙々とパソコンと向き合う」というのが入社前のイメージでしたが、実際には社内外問わず多くの人とのコミュニケーションが必要な仕事だと感じています。
社内には経験を積んだ先輩職員がたくさんいますので、わからないことはすぐに聞ける環境です。
また、休日取得の自由度が高く、福利厚生もしっかりしているので、女性も働きやすい職場です。

札幌市の道路インフラを支える。

道路事業課 2015年4月入社
技術職員(機械)

札幌市の道路工事で使われる、再生路盤材の生産を行っております。道路工事というと土木職のようにも見えますが、この再生路盤材の生産過程では様々な機械設備を使用しており、毎年のメンテナンスを欠かさず行います。
生産に使用している機械設備が故障すると、再生路盤材を生産することが出来ず、札幌市の傷んだ道路を直すことも出来ません。札幌市の道路インフラを支える者として、この仕事に携われることを大変誇りに思っています。

下水汚泥を資源に変える喜び。

下水道事業課 2017年4月入社
技術職員(電気)

仕事は施設を安定して運転出来るようにする汚泥処理施設の施設管理です。
初めは施設の大きさと設備の多さに驚きましたが、先輩からアドバイスを受けながら、補修工事の設計、施工図面・書類の作成、施工管理などをしています。
施設では安定した運転を出来るように運転管理業者の方などと打ち合わせをして、協力しながら管理を行っていますので、普段から携わる方たちとのコミュニケーションがとても大切です。
覚えることが多く大変ですが、やりがいのある仕事です。

新卒採用

現在、新卒採用は行っておりません。

経験者採用

現在、経験者採用は行っておりません。

ページの先頭へ戻る スマートフォン専用メニューエリア2をスキップする。
スマートフォン専用メニューエリア2はここまで。