本文へスキップします。

ここからが本文です。

北海道地方下水道協会受託事業

当公社では、市町村の委託を受けて北海道地⽅下⽔道協会が⾏う排⽔設備⼯事責任技術者を認定する試験及び資格更新等の業務及び北海道地⽅下⽔道協会の会員などを対象とした下⽔道関係実務研修会の運営を北海道地⽅下⽔道協会から受託しています。

北海道排⽔設備⼯事責任技術者認定・登録業務

道内各市町村の下⽔道排⽔設備⼯事は、登録された指定⼯事店が設計・施⼯を⾏いますが、その際には認定された技術者が必要となります。
この技術者になるためには、認定試験に合格し、名簿に登録することが必要です。この試験は毎年10⽉に実施しています。資格の有効期間は5年であり、5年ごとに更新⼿続きが必要です。

平成29年度北海道排⽔設備⼯事責任技術者認定、登録事業実施計画

認定試験

受付期間

平成29年8⽉24⽇(⽊)〜9⽉4⽇(⽉)
※⼟・⽇曜⽇及び祝⽇を除く。

受付時間:午前9時〜正午、午後1時〜午後3時30分まで。

受付場所

申込みは、市町村の下⽔道担当課の窓⼝で直接⾏ってください。
(北海道地⽅下⽔道協会が受託した市町村のみ:市町村⼀覧参照)

受験資格

試験を受けることができる者は、下記【1】~【3】のいずれかに該当する者です。
ただし、次の①または②に該当する者を除きます。

① 成年被後見人又は被保佐人若しくは破産者で復権していない者
②違法行為又は不正行為等によって、試験の合格又は責任技術者の登録を取り消され、2年を経過していない者

【1】実務経験が2年以上ある者

<提出または添付書類>

  • 申込書 (※ 申込書に雇用主の証明を受けてください。)
  • 住民票
  • 払込証明書
【2】実務経験が1年以上、2年未満の者で高等学校(旧制中学校含む。以下同じ)卒業以上の者

<提出または添付書類>

  • 申込書 (※ 申込書に雇用主の証明を受けてください。)
  • 住民票
  • 払込証明書
  • 卒業証明書等
【3】実務経験が0~1年未満で、高等学校を卒業(見込)以上の者のうち、次の科目を修了した者

土木工学科、土木科、農業土木科、農業工学科、建築科、建築工学科、設備工学科、衛生工学科

<提出または添付書類>

  • 申込書 (※ 申込書に雇用主の証明を受けてください。)
  • 住民票
  • 払込証明書
  • 卒業証明書等 (※ 来春卒業予定者は在学証明書を提出してください。)
【注意】
  • 排水設備等とは、排水設備または下水道工事あるいは上水道工事の設計または施工をいう
  • 【1】の資格に該当する者は、【2】または【3】に該当する場合であっても、必ず【1】の資格で申請してください。
  • 年数は、平成29年8月1日現在で計算してください。

認定試験のイメージ

登録更新

受付期間

平成30年1⽉10⽇(⽔)〜1⽉18⽇(⽊)
※⼟・⽇曜⽇及び祝⽇を除く。

受付時間:午前9時〜正午、午後1時〜午後3時30分まで。

受付場所

申込みは、市町村の下⽔道担当課の窓⼝で直接⾏ってください。
(北海道地⽅下⽔道協会が受託した市町村のみ:市町村⼀覧参照)

登録更新のイメージ

受験・登録更新等⼿数料

試験を受けようとする者

受験手数料:7,000円

合格し資格認定証の交付を受けようとする者

資格認定証交付等手数料:2,000円

責任技術者資格の更新を受けようとする者

更新手数料、資格認定証交付等手数料:7,000円

登録事項変更届等

⽒名や住所に異動があった場合

責任技術者は、⽒名及び住所に異動(住所表⽰の変更を含む)があったときは、直ちに別に定める様式の登録事項変更届けを主管市町村へ提出しなければならないことになっています。

責任技術者証をき損または紛失した場合

責任技術者は、責任技術者証をき損または紛失したときは、直ちに下記に連絡し、資格認定証再交付届書を受け取り、再交付届出書を札幌市下⽔道資源公社へ提出し、再交付を受けなければならないことになっています。
なお、再交付は、再交付⼿数料が別途かかります。

連絡先:札幌市下⽔道資源公社 Tel:011-818-3670

下⽔道関係実務研修会の運営に関する業務

北海道地⽅下⽔道協会の会員などを対象として、広く下⽔道事業に係る事例報告や情報提供機会を設けるとともに、会員間の相互交流を通して情報共有を図り、知識・技能のレベルアップを図るための下⽔道関係実務研修会を実施しています。

ページの先頭へ戻る スマートフォン専用メニューエリア2をスキップする。
スマートフォン専用メニューエリア2はここまで。